公演の予定

【延期】公開講座 もっと知りたい!ベートーヴェン音楽の魅力

神戸市室内管弦楽団    
日程 2020年4月24日(金)11:00/15:00開演(講座開始30分前開場)
会場 【午前の部】東灘区文化センター 会議室1/【午後の部】葺合文化センター 中会議室1
料金 500円 ※「ベートーヴェンの森」第3回公演のチケットをお持ちの方は無料。
チケット
購入

この講座は延期になりました。


各会場にお電話もしくは受付にてお申し込みください。
申し込み受付開始日・・・2020年3月17日(火)より


【午前の部】東灘区文化センター:078-822-8333


【午後の部】葺合文化センター:078-242-0414


※定員(各会場:先着40名)に達した場合は募集を締め切ります。/※事前申し込みが必要です。/※講座当日に限り「ベートーヴェンの森」第3回のチケットを500円引きで販売いたします。(チケットの販売は講座終了後に行います。)/※演奏はございません。



プログラム

【講座テーマ】ベートーヴェンの横顔の向こう側


ベートーヴェン音楽は「構成がしっかりしているし、強い意志が感じられ、前進力があり、普遍的なメッセージを伝えている。」とよく言われます。裏返せば微妙さや複雑な情感のアヤといった面では今ひとつだということになるでしょうか。でも、本当にそうなのか。弦楽四重奏曲第12番変ホ長調などを中心に、ベートーヴェンのもう一つの横顔(あるいは横顔の向こう側)を考えてみたいと思います。

出演

講師:伊東 信宏(大阪大学大学院文学研究科教授)


大阪大学文学部、同大学院で学び、リスト音楽院(ハンガリー)に留学。大阪教育大学助教授などを経て、2010年より大阪大学大学院文学研究科教授。専門は中東欧の音楽史及び民俗音楽研究。著書に『バルトーク』(中公新書、1997年、吉田秀和賞)、『ハイドンのエステルハージ・ソナタを読む』(春秋社、2003年)、『中東欧音楽の回路』(岩波書店、2009年、サントリー学芸賞)、『東欧音楽綺譚』(音楽之友社、2018年)など。訳書『月下の犯罪』(講談社、2019年)など。