公演の予定

《講座》もっと知りたい!ベートーヴェン“第九”

神戸市室内管弦楽団    
日程 2020年12月9日(水)【午前】11:00/【午後】15:00開演(講座開始30分前に開場)
会場 【午前】生田文化会館/【午後】東灘区文化センター
料金 500円(「ベートーヴェンの森 第6回」公演のチケットをお持ちの方は無料)
チケット
購入

各会場にお電話もしくは受付にてお申し込みください。
申込み受付開始:11月5日(木)より


・生田文化会館/TEL.078-382-0861
・東灘区文化センター/TEL.078-822-8333


※事前申し込みが必要です。
※定員(各会場30名)に達した場合は募集を締め切ります。
※講座当日に限り「ベートーヴェンの森 第6回」のチケットを500円引きで販売します。(チケット販売は講座終了後)


<新型コロナウイルス感染予防対策に関するお願い>
●来館時は必ずマスクをご着用ください。
●入場の際に体温検査を実施し、体温の高いお客様は入場をお断りする場合があります。
●保健所の公的機関による聞き取りに協力し、連絡先を提供する場合があります。



プログラム

コロナの時代に第九のメッセージを考える
ベートーヴェンの第九交響曲は、交響曲に合唱を組み合わせるという、当時としては極めて異例のコンセプトをもった作品でした。そして第九はまた、フランス革命以後の近代市民社会がまだその入り口に立っていた時代に書かれました。「さあ万人よ、抱き合え」というメッセージは、まさに市民社会の理念そのものでした。第九初演からほぼ二百年、コロナの時代に第九を聴くとは、市民社会の理念そのものをもう一度振り返るということにほかなりません。


※演奏はございません。

出演

【講師】岡田 暁生(おかだ あけお)
1960年、京都府生まれ。音楽学者、京都大学人文科学研究所教授。大阪大学大学院博士課程単位取得満期退学、1991年までミュンヘン大学およびフライブルク大学に留学。2001年に『オペラの運命』でサントリー学芸賞受賞、2009年に『ピアニストになりたい!』で芸術選奨新人賞、『音楽の聴き方』で吉田秀和賞受賞。最近はジャズに目覚め、月1でレッスンに通う。師フィリップ・ストレンジと共著で『すごいジャズには理由がある』(アルテスパブリッシング)。近刊にコロナ時代の音楽を論じた『音楽の危機』(中公新書)がある。