神戸市室内管弦楽団

室内管弦楽団

1981年、神戸市により設立。実力派の弦楽器奏者たちによって組織され、弦楽合奏を主体としながらも、管楽器群を加えた室内管弦楽団としての活動も活発で、バロックから近現代までの幅広い演奏レパートリーのほか、埋もれた興味深い作品にも意欲的に取り組みながら、質の高いアンサンブル活動を展開している。
2000年、巨匠ゲルハルト・ボッセを音楽監督に迎えてから、演奏能力並びに芸術的水準は飛躍的な発展を遂げ、日本を代表する室内合奏団へと成長した。毎年のシーズン・プログラムは充実した内容の魅力あふれる選曲で各方面から注目を集め、説得力ある演奏は高い評価を受けている。
国内外の第一線で活躍するソリストたちとの共演も多く、2011年3月の定期演奏会でのボッセ指揮によるJ.S.バッハ「ブランデンブルク協奏曲全6曲」の名演はCDとしてリリースされている。また、2011年9月にはドイツのヴェストファーレンクラシックスからの招聘を受けてドイツ公演を行い、大成功を収めた。
2013年度からは、日本のアンサンブル界を牽引する岡山潔が音楽監督に就任。2018年、合奏団から「神戸市室内管弦楽団」への移行など、当団の更なる音楽的発展に尽力した。
2021年4月より鈴木秀美が音楽監督に就任し、新たに音楽の深みを追求する。

トップページに戻る

神戸市室内管弦楽団 シーズンプログラム