神戸市混声合唱団

室内管弦楽団

1989年に神戸市により設立された日本を代表するプロフェッショナルの合唱団。神戸を拠点に活動。童謡・唱歌、日本歌曲、外国歌曲、オペラ、シャンソンまで豊富なレパートリーをもち、市民の身近な合唱団として親しまれ、『音楽のまち神戸』推進に大きな役割を果たしている。

2005年には、ウラディーミル・アシュケナージ指揮、NHK交響楽団と「レクイエム」(阪神・淡路大震災10年)を共演。2010年、合唱の国ラトヴィア(リガ市)で世界的に有名な室内合唱団「アヴェ・ソル」とジョイントコンサートを行い、姉妹合唱団協定を締結。2013年7月、リガ市からの招聘により、ユネスコ無形文化遺産であるラトヴィア「歌と踊りの祭典」に出演した。また、2011年に初のCD、特別演奏会「宇野功芳 叙情の世界」を、2012年には、第2弾CD「宇野功芳 叙情の世界2」をリリースし、レコード芸術特選盤などに選出される。

2017年10月、松原千振が音楽監督に就任。澄みきった密度の高い合唱は、美しい神戸ハーモニーとして高い評価を得ている。

松原 千振
神戸市混声合唱団音楽監督
プロフィール

中田 幸子
神戸市混声合唱団名誉顧問

神戸市混声合唱団 シーズンプログラム