公演の予定

鈴木優人プレトーク

神戸市室内管弦楽団    
日程 2021年3月7日(日)15:00開演(14:30開場)
会場 兵庫県立美術館 アトリエ1(ギャラリー棟1階)
料金 1,000円(クラシック・プラスⅡ特別演奏会のチケットをお持ちの方は無料)
チケット
購入

-このイベントは終了しました-
【事前予約】
お電話にてご予約ください。
■ご予約開始日:2月13日(土)10:00より


予約電話:078-361-7241


※日・月・祝日休み
※新型コロナウイルス対策のため、お名前、ご連絡先をお伺いします。
※演奏はありません。
※定員(75名)に達した場合は、募集を締め切ります。


【新型コロナウイルス感染予防対策に関するお願い】
● 来場時は必ずマスクをご着用ください。
● 入場の際に体温検査を実施し、体温の高いお客様は入場をお断りする場合があります。
● 保健所等の公的機関による聞き取りに協力し、連絡先を提供する場合があります。


【お問い合わせ】
(公財)神戸市民文化振興財団/TEL:078-361-7241



プログラム

3月13日(土)「クラシック・プラスⅡ 特別演奏会」に向けて、『鈴木優人プレトーク』を開催いたします!
自身が作曲した「アポカリプスⅱ」を中心に、鈴木優人氏本人がコンサートの聴きどころを楽しく解説。
「クラシック・プラスⅡ 特別演奏会」をよりお楽しみいただくため、ぜひプレトークにご参加ください。


★「クラシック・プラスⅡ特別演奏会」の公演情報はこちら

出演

鈴木 優人(すずき まさと)


東京藝術大学及び同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。第18回齋藤秀雄メモリアル基金、第18回ホテルオークラ音楽賞受賞。バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)首席指揮者、読売日本交響楽団指揮者/クリエイティヴ・パートナー、アンサンブル・ジェネシス音楽監督。指揮者としてNHK交響楽団、読売日本交響楽団等と共演。2017、2020年には鈴木優人プロデュース・BCJオペラシリーズを制作、上演。モンテヴェルディ:歌劇「ポッペアの戴冠」(2017)、ヘンデル:歌劇「リナルド」(2020)はバロック・オペラの新機軸として高く評価されるとともに多くの話題を呼んだ。メディアへの露出も多く、NHK-FM「古楽の楽しみ」レギュラー、テレビ朝日「題名のない音楽会」にもゲストとして度々出演している。録音はハルモニア・ムンディよりアントワン・タメスティ(ヴィオラ)との新譜をリリース(2019)。調布国際音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー、舞台演出、企画プロデュース、作曲とその活動に垣根はなく各方面から大きな期待が寄せられている。
Twitter / @eugenesuzuki
Facebook & Instagram / masatosuzukimusic